大滝山登山

2006年 富山県勤労者山岳連盟 合同交流登山

2006年9月24日

参加者 : L T・I、SL E・A 他6名。 この他、富山勤労者山岳会から3名、富山ハイキングクラブから2名参加して総勢13名

5:30起床。R・Nさん寄贈の新米を炊いて、昨晩の交流会の残りの豚汁で朝食。テントを撤収して車で大滝山登山口へ向かう。 大きな落石・倒木のため登山口800m程手前に車を止めて歩く。

9:05登行開始→途中5回ほど休憩を取りながらゆっくりペースで登る。 薄曇の天気のおかげでさほど汗もかかず心地よく登山ができる。  登山道はぬかるみや危険箇所もなく歩きやすい。ただ、結構傾斜のきつい山だ。

12:05大滝山山頂到着。朝炊いた新米のおにぎりで昼食。小玉スイカ程もある大おにぎりをT・Iさんと半分っこして食べる。 朝、『道の駅』でT・Iさんのおにぎりの入ったサブザックを勘違いして他の車に載せ変えてしまった私が悪いのです。スミマセン。12:50下山開始→15:10大滝山登山口着→15:25駐車場所へ到着→15:40『道の駅』で解散式→16:00『くろば温泉』で入浴。
16:50出発→18:05薬勝寺池駐車場帰着


反省点:勘違いは大きな事故の伏線。 私が勘違いして他の車に載せ換えてしまったT・Iさんのサブザックにはおにぎりの他にT・Iさんの雨具、ツェルト2張、救急道具箱1個がが入っていたはずです。
幸いにしてこの日は天候の急変や、転倒などによるけが人も無かったからよかった
ものの、もし、これに悪条件がひとつでも重なれば大事に至っていた可能性もありました。

感想:はじめてのテント泊

K・H

 今年の労山合同交流会は桂湖、大滝山。テント泊は毛布でも可。との事なので早速参加。三島野は出発が早かったので1番に到着。テント場は2組の家族がテントを張っている。青い空と山、ダム湖、みどりの芝生 ゆっくりと談笑。くつろぎの一時。

 4時頃からボツボツと他のグループも集まり始め、テントを張る場所を決め、夕食の準備を始める。メニュウは、バーベキュー、豚汁、種類多数、量もたっぷり、三島野は名シェフ揃い、ほとんど三島野のメンバーが仕切る。飲んで、呑んで、しゃべって み〜んな満腹。かまどとお釜で新米を炊く予定が、満腹すぎて翌朝に繰越。
 さぁ、いよいよ生まれてはじめての経験、テント泊。(この年で …陰の声) マットを敷いて毛布にくるまれば、ウ〜ン、快適、下が芝生だからクッションガ良くて気持ちがよい。

 
4人用のテントに3名だから余裕ありあり、食事時に曇っていた空はいつの間にか満天の星、こんなしっかりしとした天の川を見たのは何年ぶりだろう。谷あいで空が狭いのが少し残念。11時過ぎゆっくりと手足をのばし眠りに着く、自分の臭いのついた毛布のためか、ぐっすりと眠れた。いつもの山小屋を思うと、もう病みつきになりそうだけど、荷物は担げないからやっぱり今回限りかな?頑張って寝袋を買おうかな?