読図学習会

2005/4/3 二上山にて

読図学習会の報告
と き;4月3日(日)
ところ;二上山<大師が岳>アッパレハウス
参 加:14名、講師1名

内 容 机上学習会9:00から11:00実技;アッパレハウスから大師が岳往復コース天気;午前雨その後曇りとなり何とか実技も実施できた。○シルバーコンパスにて現在地を特定する方法と進むべき方向を特定する方法の説明および2.5万分の一の地形図の説明をオーバーヘッドプロジェクトとパソコンに入れた写真を使って実施。
成果としてはずいぶん進歩があったと思われ後は確実に山で使っていけば慣れると思われる。今後に大いに期待したい。○アッパレハウスで反省会と食事と風呂竹すみの湯は体が温まりよかった。2.5万分の1の地形図に磁北線を引いておきましょう。赤のボールペン(なるべく細いもの)で幅4cmほど(コンパスのリングの内側の幅以下)
SH いい勉強になったが、まだまだ足りないと感じた。
HI 大変勉強になったが大変だった。今度からは地図とコンパスを持参したい。
YH よく解った。あとは実際の山で使うだけ。
YU 初めてなので少ししかわからなかったがコンパスの使い方は少しわかった。
KS 何回でも勉強する必要があると思う。
HM コンパスの使い方が少し分かってよかった。また、尾根と谷の見方がわかった。
ST

今までコンパスの使い方で分からなかった所が分かるようになって嬉しかった。今後も勉強したい。
ST 一部理解できないところがあり、何回も勉強する必要があると思った。
TY

机上学習は初めてなので今後も何回も勉強したい。

この学習会は3回目、やっとコンパスと地図とが合ったのでうれしかった。

KH この学習会は2回目、前回よりも少し分った所が増えた。でもまだ良くわらない。
IT

地図上から目標が決まるのと、その逆を実施したのはすぱらしかった。地図の上での現在地の特定をもっと詳しくやればよかったと思った。
EA 学習できてよかった

一口感想